« けいおん! 第13話(番外編) 「冬の日!」 について | トップページ | タユタマ -Kiss on my Deity- 第12話(最終回) 「祐理」 について »

2009年6月29日 (月)

咲-Saki- 第13話 「微熱」 について

凄く熱い展開になってきましたね。

でも 県大会なんですよね…?

… なんというか 全国大会… いえ、世界大会のような気さえします。

県大会レベルで このような素晴らしい闘いが繰り広げられるなんて、もったいない気がしますね。


私は、事実上の世界一決定戦という認識で視聴します。

では

アニメ 咲-Saki- について

第13話 「微熱」


まず

透華のアホ毛がちょろちょろしすぎWWWW
けっこう前から気になってたけど 今回はツッコミを入れてみますWW

貴女のアホ毛は千秋のホイップかWWW


対局は 原村無双。

エンジェルのどっちに挑むなんて無謀ですW

それにしても透華は「悪」だなぁ…

原村さんがエンジェルなら透華はデビルですねW


透華が意識する原村さんは咲が好きで その透華を意識してるのは一で……
清澄部長を意識した福路さん…そして福路キャプテンを意識するネコ耳…

百合帝国バンザイ。

楽園のようですね、あの会場はW


そして 風越の深堀さん。
やっぱり斎賀みつきさんが担当のようで。

でも、活躍してねぇ……;

深堀さんガンバ(外見ではなくて声優的な意味で)


あとは… 鶴賀のラスボス貞子ちゃん……

あれ…? 出番無し?

なんか映像がブレてたけど…W

※画面から出て来る恐れがあるので、視聴の際にはお気をつけ下さい。


そんな鶴賀のラスボスは次回で活躍?

覚醒した原村さんに
覚醒の兆しの透華
鶴賀の最終兵器貞子
斎賀みつきさん

次回は そんな彼女達の闘いに大注目です。

以上 咲ちゃん派の意見でした〜

|

« けいおん! 第13話(番外編) 「冬の日!」 について | トップページ | タユタマ -Kiss on my Deity- 第12話(最終回) 「祐理」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/30327452

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 第13話 「微熱」 について:

» (アニメ感想) 咲 -Saki- 第13話 「微熱」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 副将戦は小さな和了りと流局が交差する、静かな戦いとなっていた。 緊張感あふれる対局が続く中、和の身体に「異変」が起こる。こらえきれず徐々にこみ上げてくる高揚感。頬を赤らめ、柔らかくなってゆく表情。艶やかになってゆ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 11時18分

» ◎咲-Saki-第13話「微熱」 [ぺろぺろキャンディー]
執事が衣を迎えにいく。衣は強敵がいることを聞き喜ぶ。咲は、なぜか寒気が・・・。そして、副将戦はじまった。竜門渕トウカさん、ビームをノドカはじかれて、風切女子の多分食いしん坊の人に弾き飛ばされる。鶴賀学園のトウヨコモモコは、いまだに、顔隠してる。プロの人...... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 01時54分

« けいおん! 第13話(番外編) 「冬の日!」 について | トップページ | タユタマ -Kiss on my Deity- 第12話(最終回) 「祐理」 について »