« 咲-Saki- 第13話 「微熱」 について | トップページ | アスラクライン 13話(最終回) 「呪われた罪人の烙印」 について »

2009年6月29日 (月)

タユタマ -Kiss on my Deity- 第12話(最終回) 「祐理」 について

最終回だったので感想を書きたいと思います。

では

アニメ タユタマ -Kiss on my Deity- について

第12話(最終回) 「祐理」


まず、最終回のタイトルで主人公が「祐理」という名だと あらためて知りました(苦笑

ましろ、アメリは覚えましたけど
その他は……;

そして、今回は最終回。

この作品は四聖獣的な勢力が争う内容でしたけど…

龍 対 その他の3勢力…

そうなると、龍の勝ち目は無いですよね。

だから あのラスボスは頑張ったね(笑


それにしても 前回は最終決戦を引き延ばした内容で終わったのに…

なんかネタみたく戦闘終了したのが…

まあ 萌え作品ですし、妥当な内容ですね。


でも、アメリには もっとヤンデレて欲しかったW

5話とか神回でしたよWW

以上 伊藤静Voiceキャラ派の意見でした〜

|

« 咲-Saki- 第13話 「微熱」 について | トップページ | アスラクライン 13話(最終回) 「呪われた罪人の烙印」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/30327663

この記事へのトラックバック一覧です: タユタマ -Kiss on my Deity- 第12話(最終回) 「祐理」 について:

« 咲-Saki- 第13話 「微熱」 について | トップページ | アスラクライン 13話(最終回) 「呪われた罪人の烙印」 について »