« 黒神 The Animation 第15話 「突破口」 について | トップページ | 咲-Sak- 第3話 「対立」 について »

2009年4月18日 (土)

戦国BASARA 第3話 「風来坊 前田慶次!」 について

今回は 慶次の登場でしたね。

※あの慶次と一緒にいる子猿は秀吉です。


ゲームと同じで 相変わらず声優が豪華ですね。
ほとんどのキャラがメイン級な感じです。

慶次「卍解!!!!」

では

アニメ 戦国BASARA について

第3話 「風来坊 前田慶次!」


利家とまつ… ラブラブですね。

平和でいい感じです。
戦国の世とは思えない感じです。

この二人は ひっそり平和に暮らしてもらいたいものです。

慶次は上杉、伊達に協同宣戦の話しを。

ああ 信長包囲網ですか…

覇を統べる者は こうなる宿命です;

魔王 信長バンザイ!!

信長にビビっていた伊達は慶次に喝を入れられて
いつもの活気を取り戻して 信長へ軍を向かわせる………


なんて単純なんだ伊達;

生兵法;


これ、伊達 死亡フラグですよ?

まず 伊達が信長の領土、尾張、駿河に普通に向かうなら
場所の関係で、武田の領土を通る事になります。

そんな武田とは 同盟を結んでいるわけでも無いので素通りできるわけがありません。

まあ 伊達と織田が潰しあうのだから 素通りさせるのもありですが。


そして
遠くから出兵した伊達軍は兵糧が少なくなり、兵も疲れ、士気も下がる…つまり伊達はかなり不利。

仮に 伊達が勝ったとしても
織田との戦で 相当な兵力を失う事になるので 尾張、駿河のどちらかを取ったとしても
数日も経てば 隣国から伊達は攻められるでしょう。


そして 問題は上杉。

1話の事もあり、伊達は 上杉に対して良い関係ではありません。

同盟しているなら別ですが
大将自ら 遠征して本土を空にしているということは、上杉は伊達へ攻め入る絶好のチャンスです。

まさに好機。


武田とも不仲な状態ですし…


伊達… 捨てゲー始まりまーす。


そう考えると 慶次は罪深い男よのぉ…

慶次「全ては俺の手の中だ」


悲しいが これが戦乱の世というもの…。


来週は 浅井が登場ですか、てことは お市も登場ですかね?


それよりも 忠勝の登場を待ってます。


織田が最強だとしても

忠勝なら…… 忠勝なら きっと何とかしてくれる……!

忠勝なら!!!

以上 忠勝派の意見でした〜

|

« 黒神 The Animation 第15話 「突破口」 について | トップページ | 咲-Sak- 第3話 「対立」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/29166569

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国BASARA 第3話 「風来坊 前田慶次!」 について:

« 黒神 The Animation 第15話 「突破口」 について | トップページ | 咲-Sak- 第3話 「対立」 について »