« 咲-Saki- 第2話 「勝負」 について | トップページ | 07-GHOST 第2話 「懐かしき記憶は痛みと共に」 について »

2009年4月15日 (水)

蒼天航路 第2話 「アモーレ」 について

蒼天航路2話。

戦というより曹操と水晶のドラマチックなストーリー。

早く、血がたぎる戦が見たいものです。

ギギギギ…!

では

アニメ 蒼天航路 について

第2話 「アモーレ」


十常侍の一人が登場。
さらにエン紹も登場。

あれ? エン紹と曹操… 仲が良いですね。

この段階では
エリート集団・西園八校尉の仲間同士のようですね。

この後に お互いを敵視し、戦になるのかな…


とりあえず エン紹と仲良くしている描写は貴重です。

たいがい 嫌いあってる瞬間が描かれていますから。


褐色っ娘・水晶と仲良くなる曹操、水晶を手に入れる十常侍。

まず 曹操には自重してもらいたい。

レッドクリフの曹操といい、曹操は暴虐の限りを尽くしているイメージしかなくなる;

あと 十常侍とか…;

権力ですか;権力の力を最大に使用している最低な奴。

あんな爺なのに、権力さえあれば 即・ハーレム状態とか認めたくないものです。

ああ、早く教祖様は黄巾の乱を起こすべきですよ;

革命を起こせ。


それか 早急に、董卓が十常侍を征伐するべき。

そしたらそしたらで 董卓が暴虐の限りを尽くすと思うが…;

十常侍の爺の手中に入った水晶は 無念にも死…;


なんというか… アモーレしか言葉が出ない……;


ああ…

人生とは無情だ…


正直、水晶さんの死は残念過ぎました…

水晶さんが爺にいいように扱われているのに

惇と淵は何をしてるんだ!

曹操も無理に一人で水晶さんに会いにいくなよ;

てっきり 惇にぃ達が助けに来て、水晶さんは助かると思ったじゃんか;


一人で飛び込むとは
なんたる 生兵法。

そんな野蛮な欲望のままに進行した2話でした。

…早く、戦の回にならないかな…;
爽快な戦闘シーンに期待。


「ならばよし!」

以上 魏延派の意見でした〜

|

« 咲-Saki- 第2話 「勝負」 について | トップページ | 07-GHOST 第2話 「懐かしき記憶は痛みと共に」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/29124339

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天航路 第2話 「アモーレ」 について:

« 咲-Saki- 第2話 「勝負」 について | トップページ | 07-GHOST 第2話 「懐かしき記憶は痛みと共に」 について »