« 戦国BASARA 第2話 「戦慄!桶狭間の遭遇」 について | トップページ | 蒼天航路 第2話 「アモーレ」 について »

2009年4月13日 (月)

咲-Saki- 第2話 「勝負」 について

麻雀でも将棋でも囲碁でも

結局は それらを通しての主人公達の成長や、人間描写が 魅力なんですよね。

そして 咲には萌えもあります。

まさに 鬼に金棒。

では アニメ 咲-Saki- について

第2話 「勝負」


今回は ±0でなく、勝つ事を目的とした回。

部長の提案により ハンデつきと思い込みながら、咲ちゃんは麻雀を打ちます。

部員みんな 雑魚扱いの認識が素晴らしい咲ちゃんですね(笑


±0は あっても負けはない! みたいな…

咲ちゃん「むしれるだけむしる……!」

対戦中に ピンク髪にときめき赤面してる咲ちゃん。

…… あ… 咲ちゃんて レズビ(ry


ストライクウィッチーズ現象とでも言うべきか…

制作ゴンゾで 咲ちゃんはどことなく宮藤に似てるし……

咲ちゃん百合バンザイ。

咲ちゃんの怒涛の攻めに 積み込みだと疑う眼鏡っ娘。

あれね、積み込みじゃないですよー。

ガン牌ですから。


前回と同様に もはや十八番のカンからのツモとかWW

あんな 状況でツモなんてW 絶対見えてたろWW

そんな事されたら こっちはお手上げですよW

そりゃピンク髪も すねるわなW

ピンク髪をなだめる 咲ちゃん。


ピンク髪は 麻雀が好き…
でも咲ちゃんは 麻雀が嫌い…


そんな咲ちゃんの説得は 聞き入れられません(苦笑

てか 麻雀を愛する天才が、麻雀に無関心の天才に負ける、この関係…


貴女達は ヒカルの碁のヒカルと塔矢かよWW


そして 咲ちゃんは麻雀部に入部。


……これ

ピンク髪は 咲ちゃんに公式な麻雀試合で勝つ為に
学校を転校して 他の学校の麻雀部に入り咲ちゃんと対峙しますね(笑


いい ライバルだ。

以上 咲ちゃん派の意見でした〜

|

« 戦国BASARA 第2話 「戦慄!桶狭間の遭遇」 について | トップページ | 蒼天航路 第2話 「アモーレ」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/29095410

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 第2話 「勝負」 について:

» ◎咲-Saki-第2話「勝負」 [ぺろぺろキャンディー]
今回の話は、咲が再び麻雀をするという話だった。今回は+-0ではなくて勝ってみるように部長に言われる。でも、咲は、+-0でしかあがれないので、みんなより最初から点数が低いということで計算してみてはどうかとアドバイスされる。そしてオーラスで、役満でないと+-0にな...... [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 22時33分

« 戦国BASARA 第2話 「戦慄!桶狭間の遭遇」 について | トップページ | 蒼天航路 第2話 「アモーレ」 について »