« アニメ ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第6話 「四つの刺客」 について | トップページ | まりあ†ほりっく 第6話 「倒錯の保健室」 について »

2009年2月13日 (金)

黒神 The Animation 第6話 「サブの契約者」 について

主人公・慶太はクロちゃんに
やっと、好意を持った感じですね。


それと

慶太の宿命……

どうなることやら。

では

アニメ 黒神 The Animation について

第6話 「サブの契約者」


慶太は ポニテお姉さんに誘拐されました。

慶太がポニテさんに、反論をしてからの いきなりの逃走は 可笑しくなりましたW

子供の喧嘩かW


まあ 一般人だし、パンピーだしW それが得策でしょうW


慶太は サブだった;


これはキツイですね………

なんか 死を直感した感じで
すごく切ないです…;

主人公だから ルートと出会っても助かるかと思いますけど…

やっぱり 自身がコピー的な存在なのは辛いでしょう;


さらに

問題は シンクロやイクシードを行う事により
負担がかかり サブの契約者は老化が進み、死が早まる……


これは
慶太… 死亡フラグでおK?

酷い設定だ… どうか 無事でいてほしいです;

まあ 今回の対戦相手がソレの例であって
慶太は自分の立場を理解しましたが

クロちゃんが死ぬ…
それを考えると 自分を犠牲にしてでも 助けたい…

主人公らしく素晴らしい決断ですね。


でも、そんな 主人公でも能力を使うと死期が迫るというデスルール…;


それが分かっていて 今回もイクシードを発動させて、戦闘をしましたが……


あの お姉さんは話し合えば説得出来る感じでしたね…(結局 クロちゃんの負けだけど 相手の契約者の死によって戦闘終了


攻撃虚しく 慶太に負担がかかってしまったのが残念です。

以上 クロちゃん派の意見でした〜

|

« アニメ ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第6話 「四つの刺客」 について | トップページ | まりあ†ほりっく 第6話 「倒錯の保健室」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/28035658

この記事へのトラックバック一覧です: 黒神 The Animation 第6話 「サブの契約者」 について:

« アニメ ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第6話 「四つの刺客」 について | トップページ | まりあ†ほりっく 第6話 「倒錯の保健室」 について »