« とある魔術の禁書目録 第18話 「偽者(レプリカ)」 について | トップページ | アニメ ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第6話 「四つの刺客」 について »

2009年2月11日 (水)

屍姫 玄 第6話 「幸福という怪物」 について

旺里… 星村さんをマキナって
名前で呼び捨てにする仲になりやがった……

ここにきての 親密関係。


では

アニメ 屍姫 玄 について

第6話 「幸福という怪物」


七星の眼鏡っ娘(性別は男みたいだけど、どう見ても眼鏡っ娘です☆男とか関係なく好きです)の偽景世は

呆気なく 旺里の攻撃によって敗北……

七星……? 弱すぎじゃん;

普通の攻撃でダウンて……;


まあ 眼鏡っ娘は姿を変えたりして、スパイ的な活動を得意とするタイプみたいだから
戦闘は ダメダメなのでしょう。

本体(現在のお気に入りの姿)に戻るのだけど…

敗北シーンでのブツブツとナルシスト発言の連発が 可哀相でいて、可愛かったですW

萌え。

そんな時

風船変声機Voiceの七星は

あろうことか お胸様に手を出しやがったよ!;


その結果
お胸様は 自分の幸せを求め続ける人格へ変貌。

覚醒。


目が 曇っているではありませんかWWW


10000000ヒット。


お胸様 覚醒バンザイ。

その 大胆な姿に学内の生徒は釘付け。


だけど あいつらは外見だけで判断して
お胸様の本当の良さを分かっていないね。

旺里の友達いわく

「困っているような か弱さ」
が 良いらしい……


これだ。

旺里の友達は 分かっている。


お胸様は清掃・純粋であって

あのような悪女では
お胸様であって お胸様ではない。

我々が崇拝する お胸様は
無垢な存在でなければ意味が無い。

と、判断します。


そんな
お胸様は 死んじゃうのかな…

それだけは 勘弁願いたい…

そんな時の旺里は 星村さんの部屋へ入っています。

星村さんは 平然と着替えていますけど…
恥じるなら 隠れて着替えればよくない?W


なんか 初々しい描写。


まんざらでも無いように見えた星村さん…
もう、アレですね。

最後は 旺里宅へ来る、お胸様。


さて、お胸様の誘惑に旺里は勝てるのでしょうか?
旺里の本質が試される瞬間ですW

以上 ミナイさん派の意見でした〜

|

« とある魔術の禁書目録 第18話 「偽者(レプリカ)」 について | トップページ | アニメ ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第6話 「四つの刺客」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/27974631

この記事へのトラックバック一覧です: 屍姫 玄 第6話 「幸福という怪物」 について:

« とある魔術の禁書目録 第18話 「偽者(レプリカ)」 について | トップページ | アニメ ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第6話 「四つの刺客」 について »