« とある魔術の禁書目録 第20話 「最終信号(ウィルスコード)」 について | トップページ | ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第8話 「二人はかつて」 について »

2009年2月26日 (木)

マリア様がみてる 4thシーズン 第8話 「くもりガラスの向こう側」 について

今回の 8話からマリみての感想を書こうと思います。


マリア様がみてる

女性向けな作品なのに
その原作読者は ほとんどが男性だという噂。

仰天。


そんな マリみてもアニメ第四期を迎えた長寿作品へ。


思えば一期を見ていた時が懐かしい……


私の「♪曖昧3センチ♪」 な記憶では

確か 一期が深夜、二期が早朝、三期OVA?

だと把握しています。


もはや 二期(早朝とか無理)から 視聴は切りました。

なので四期開始からの視聴は
全くもって 内容がわかり兼ねます;

一期と全然違う内容(主人公等は二年へ進級)で戸惑いましたが
そこは 気にせず視聴しています。

では

アニメ マリア様がみてる 4thシーズン について

第8話 「くもりガラスの向こう側」


瞳子ちゃんに ロザリオを受け取ってもらえなく、落ち込む祐巳と、それに同情して悲しむ祥子サマ。


ロザリオを拒否った瞳子ちゃんの勝ち誇った表情WW

多分 祐巳の事を想って
あえて強気な感じに演じていたと思いますが…


あれは ひどい;


祥子サマと祐巳が なぐさめあっている姿が高印象。

やっぱり この関係ですね。

まさに お姉様。


みんなに お節介するな的な発言をしたのに
祥子サマ自ら瞳子ちゃんに 正月祝いの招待状贈った宣言WW


このサジ加減… 素晴らしい…

これが 祥子サマの魅力。


結果的には 瞳子ちゃんは来なかったけど…

みんなで 楽しんだからおk

お風呂シーンとか普通に普通過ぎですW

みんなで仲良く… みたいな描写はありません。


そんな事より 祥子低広すぎです。スゴロクの準備とか何気に大変そう…


そして 祥子低でのお泊り。

夢で 曇ったガラスの向こうにいる瞳子を想い、涙する祐巳。


夢にまで見るとは…

これってツンデレの罠WW

デレツンW


祐巳は瞳子ちゃんのツンデレパターン入りました。


今までは仲良くしていた…

でも 何故か彼女は遠ざかり…


このジレンマの魅力。


最終的には まるで何もなかったかの表情で正月明けに出合う瞳子ちゃん。


なんか こえー。

たしかに 気まずくて無視はよくないけど
逆に恐怖を感じます。


祐巳もアレの事は気にしてない感じで

聖サマ命名「電動ドリル」と呼び、瞳子ちゃんと接するべきでしょう。


祐巳「ねぇ… 電動ドリルちゃん…なんで祥子サマの家にこなかったの?
私 寂しかったのよ;(真顔で)」


瞳子「ちょW 電動ドリルWW
…なんですの?それWW
………
…はっ!…… まさかっ…私の事!??(驚き)」


祐巳「ごきげんよう」

瞳子「………」


フレンドリーに解決したいものですね。

あえて祐巳がボケに回ることで
瞳子ちゃんの心をわしづかみ☆

てか 可南子さんにロザリオを…。
彼女の貫禄は先代薔薇様も公認済みだし。


でも、瞳子ちゃんを、どう説得するか…
そして わだかまりを解決し、無事にスールにする事が今期の見所でしょうけど;

以上 蓉子サマ派の意見でした〜

|

« とある魔術の禁書目録 第20話 「最終信号(ウィルスコード)」 について | トップページ | ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第8話 「二人はかつて」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/28380191

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる 4thシーズン 第8話 「くもりガラスの向こう側」 について:

« とある魔術の禁書目録 第20話 「最終信号(ウィルスコード)」 について | トップページ | ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第8話 「二人はかつて」 について »