« ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第1話 「ギルガメスの塔」 について | トップページ | まりあ†ほりっく 第1話 「戯れの接吻」 について »

2009年1月 9日 (金)

黒神 The Animation 第1話 「三位一在」 ついて

書店で目にし、知っている作品だったので(内容は知りませんが)期待していた作品です。


なんか 黒い雰囲気ですね…

血とか……

交通事故シーンとか……;


漫画の表紙に 可愛いクロちゃんが書いてあったから、明るい作品だと認識していたので
そのギャップに驚きました…


あと
外見で判断するとクロちゃんは、言葉とか世間を知らないようなキャラだと思っていましたが
礼儀正しく出来た子ですね。
好感です。

では

アニメ 黒神 The Animation について

第1話 「三位一在」


なんのへんてつも無く、日常を過ごす主人公・慶太。

アニメ序盤では 普通なスクールライフですね。

見所といえば ドジッ娘 姉さんですかね(笑


高評価ですよ、あの お姉さんは。

そして

ドッペルゲンガー…もとい、ドッペルライナーの話し…

主人公の母はドッペルライナーによって亡くなったらしい…


ドッペルゲンガー…
現実でも馴染みのあるワードだけに、少し怖いですね…

実話とかでもドッペルゲンガーの怖い話しを聞いた事がありますし;

屋台のラーメンを食べようとする慶太のシーンで、クロちゃんの登場です。


クロちゃん かぁいい。


予想では、空腹で倒れ、強引にラーメンを奪取する…クロちゃん…

そんな風に想像していたのですが、純粋に見つめてるクロちゃん。


あんな目で見られたら ラーメンを何杯でも、おごりますよ(笑

すると

バット男の襲撃……


あいつ… いきなり背後からクロちゃんを……;


ひでぇ……;


なんて 痛々しい描写なんだ…


バットとか生々しいから…


まあ、特殊な存在らしいクロちゃんは そいつを返り討ちにするんだけど

バトルシーンで、クロちゃんから血が出たり…
叩きつけられてたシーンが キツかったです…(グロいシーンは、私は平気ですが 少女を乱暴するのは…;)


さらに

ヒロインだと思った ショートヘアーの女の子の死…

さらに
ロリキャラ枠の JSの女の子の交通事故シーン……


………


(´;ω;`)

これも 天命か……

でも ドッペルライナー理論では

ルートとサブ…

本物と偽物の関係?…に、よって

対象が消えた事によって
運を吸収して 本物にとって利益があるそうな…


だから

最後シーンで、死んだショートとJSの実体がある…

死んだけど 生きているって事だね。


つまり 母親も存在している?

今後の慶太の

死んだはずの人物達や、クロちゃんとの絡みが気になるトコですね。

以上 クロちゃん派(現時点では)の意見でした〜

|

« ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第1話 「ギルガメスの塔」 について | トップページ | まりあ†ほりっく 第1話 「戯れの接吻」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/26949173

この記事へのトラックバック一覧です: 黒神 The Animation 第1話 「三位一在」 ついて:

« ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第1話 「ギルガメスの塔」 について | トップページ | まりあ†ほりっく 第1話 「戯れの接吻」 について »