« 屍姫 玄 第2話 「我が敵」 について | トップページ | ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第2話 「王都メスキア」 について »

2009年1月13日 (火)

とある魔術の禁書目録 第14話 「最強VS最弱(さいじゃくVSさいきょう」 について

アクセラレータ弱いよ……;

能力が通じないと、ただの坊やだね……


もっと、激しいバトル&勝ち方だと想像してたのに…

前回までのバトルから判断すると
どうやって、近付く事も出来ないアクセラレータに近付いて勝つか……

そこが見所だと思ったのに呆気ないですね;

なんという右手無双。

では

アニメ とある魔術の禁書目録 について

第14話 「最強VS最弱(さいじゃくVSさいきょう)」


最弱と書いて最強です(笑


前回の粉塵爆発からの続きです。


爆発から逃れると 当麻のターン。

アクセラレータに

愉快 素敵にパンチをお見舞いです☆


このパンチ(イマジンブレーカー)は ベクトルを弄れないのでダイレクトW


気持ちの良いほど炸裂したパンチでしたW

怒るアクセラレータの必殺技発動。

天に手を掲げ…

あれは、周辺の元気を集めて出来てます(笑


それを止めようとする、美琴ですけど…

能力の攻撃なら 当麻は無効化に出来ますからね…

助けは必要なかったかな…?

でも 美琴の気持ちが、強く描かれていたのが好感。

てか 風の流れを読み、計算出来るアクセラレータって普通に凄くない??W

やっぱ 天才ですよね〜

技が完成せず、自らの手で当麻に襲い掛かるアクセラレータですが………


カウンターパンチ 余裕でしたW


はい。一発ケーオーです(笑


アクセラレータはベクトル操作で周囲の物を投げたり、武器を使えば簡単に勝てたのに…

まあ… 当麻に対して、自らの手で勝利したかったのでしょうか?


その点では アクセラレータは意外と熱い奴と判断出来ますね。

そして

病室で過ごす当麻。


また あの病院かW

ミサカの胸にタッチイベントとか、美琴手作りクッキーおねだりとか

当麻も、萌えを分かっていますね〜。


確かに… ボロボロ クッキー理論は否定出来ないものですね……

はやり、不完成なのが必然か…。

インデックスも久々に当麻と会えました。

心配して後ろから抱きしめているインデックスと当麻は
まるで 恋人のように見えましたとさ。

アクセラレータ編も終了して

来週は水着回かW

水着回なのかW


大事なことなので(ry


火織さんも久々に登場するみたいだし。


のほほんと視聴してみます。

以上 火織さん派の意見でした〜

|

« 屍姫 玄 第2話 「我が敵」 について | トップページ | ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第2話 「王都メスキア」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/27081587

この記事へのトラックバック一覧です: とある魔術の禁書目録 第14話 「最強VS最弱(さいじゃくVSさいきょう」 について:

» (アニメ感想) とある魔術の禁書目録 第14話 「最強VS最弱(さいじゃくVSさいきょう) 」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
とある魔術の禁書目録 第2巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)クチコミを見る 絶体絶命のミサカのもとへと駆け付けた上条は、桁違いな「一方通行(アクセラレータ)」の強さの前に防戦一方。しかし、反射的に突き出した上条の「右手」が、「一方通行(アクセラレータ)」の....... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 01時17分

« 屍姫 玄 第2話 「我が敵」 について | トップページ | ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第2話 「王都メスキア」 について »