« かんなぎ 第四幕 「シスターーズ」 | トップページ | とある魔術の禁書目録 5話 「十二時 (リミット)」 について »

2008年11月 3日 (月)

2008年 第4クール アニメの期待値

「機は熟しました」

2008年4クール目の深夜アニメも大分馴染んできました。

それでは
アニメを数話、視聴した現在での

それらの期待値を採点し、この場にて記載します。

1〜10点で点数をつけていきます。


こちらでの月曜日放送アニメから参ります。


では

アニメの期待値について

まとめ

-月曜日-


ヴァンパイア騎士 Guilty

まずOP曲が個人的に大好きです。

一期の歌も好きでした。

アニメ本編は流し見をしていて
実は…内容の把握は あまり……;;


まぁ 少女コミック原作ですし…

男性の私が本気で視聴していたら変態ですので。

とりあえず イケメン勢揃いなのは間違いないので、そこが評価出来る作品ですね。

あと カッコイイvoice声優さん達が多く主演しているのも注目。

キャラ目当てで視聴するならお勧めな作品です。


内容も、シリアスで感動するシーンもあるので
大人な恋愛作品と判断します。
(私は、恋愛系は専門外なので何とも評価出来ませんが;)


5点。

あかね色に染まる坂


ラブコメ。

政略結婚。


内容は

急に
可愛い女の子が、主人公の元へ同居するという、典型的なパターン。


とりあえずの所……

主人公とヒロインのドタバタ同居生活よりも…

キャラ萌えな作品。


現段階の感想では
ストーリーよりキャラ重視な人へお勧めな作品。


7点。

とある魔術の禁書目録


少女インデックスが突然、主人公の前に現れ、不可解な事件が巻き起こる…

魔術を駆使した戦闘や、魔術関連なストーリー。

世界感は
発展を遂げた近未来な雰囲気が好感。


謎があり、バトルがあり、萌えがある……


私の感性では、完璧な作品です。


さらに
火織さんの登場回から大注目必死。


魔術とかオカルト系が好きで、シリアスが好きな人ならお勧め。


10点。

-火曜日-

ワンナウツ

……… 完璧です。

当初は 見てもいないのに、勝手な憶測で
時期外れの古めかしい野球作品。


… と思っていました……


でも そんな馬鹿げた感情を抱いた自分が憎くなりました……


最高な作品です。


でも この作品の良さを理解出来る年頃でないと、楽しむ事は難しいと判断。


ま アカギやカイジの良さが解る人なら
この作品の魅力が解るはず。

ただの野球でなく、心理的(ギャンブルな感覚)な闘いが高評価。

でも 東亜のワンマンショーで野球としてのチームワークを感じる事は出来ません……


野球に熱血を求める人は 野球と思わないで視聴してみましょう。


と 書いたものの、四話を迎えた現段階では
東亜のチームメイトへの挑発で
チームの一体感が表現されていました。


今後のチーム全体の変動にも注目です。


あと 山口勝平さんが主演していますが


ラオウや

ピッコロ

カミーユ

高木刑事&げんた

洋画吹き替えや、大河ドラマでも俳優として主演する磯部さん

大御所声優さんも主演しているので

何故か個人的には、あんまり 存在感が湧かないのが残念です……

作品としては社会見学として教科書にも載せて良いレベルと判断。
(笑)

10点。

魍魎の匣

未視聴。

そして疑問があります。


百合??レズ??


それが気になっている作品。

?点。

伯爵と妖精


エドガー カッコ良すぎです。

エドガーが悪者なのか味方なのか……

気になるところです。


とか書きつつレイヴン派です。


6点。

ケメコデラックス


コメディー。

ギャグ。


その中から垣間見る「萌え」が高評価。


ギャグなのか萌えなのか……


不意を突かれるのでご用心。


7点。

-水曜日-

とらドラ


未視聴。

ヒロインが
みなみけの千秋様に見えてしまいます。


?点。

ヒャッコ


ひだまりスケッチとコンパチな作品。

てか……


ひだまりと同感覚……


改めて ひだまりと比較してみると、かなり似ています……


とりあえず 楽しいって事は確定。


7点。

キャシャーン Sins


不死のはずのロボットが
死を感じる……


生にしがみつく 不死だったロボット達……


何だか 切なく悲しい気持ちになります……


キャシャーンは 有名な作品ですが
私は勘違いして認識していました……


一般の戦隊ヒーローものだと…;


見ていると
当たり前の生を 当たり前でない視点から見る事ができ、とても新鮮に思えました。


声優さんも豪華なので楽しいのですが……

古い作品であり、今の趣向に合っていないので;;


6点。

-木曜日-

夜桜四重奏〜ヨザクラカルテット〜


奏でよ神曲、其は我らが盟約也。

それしか出てきません。


8点。

CLANNAD AFTER STORY


クラナドは、一期を未視聴のままなので当然、二期も未視聴状態の継続。


?点。

CHAOS;HEAD


カオスヘッドは今期の中では随一の作品。


今期以外の作品と並べてもこの作品は、かなり上位の作品と認識。


まずヲタ過ぎる痛い主人公が高印象。

妄想の星来タンも高印象。


シリアスな謎が心を踊らせます。

ヲタクを題材にした作品は、私は大好きなのでとても楽しく視聴しています。


10点。

純情ロマンチカ2


耽美

おホモ達。

ガチホモ。

同性愛。


素晴らしい響きですね。


正直… 最初に視聴した時は同様しましたが;


地上波にも関わらず かなり危ない描写があります。


男×男

だからって…

大胆。


キスとか普通にしちゃう。

この作品を通じ、新しい分野を学べました。


今までの自分を変えてみたいなら。


6点。

-金曜日-

かんなぎ


美少女が主人公の家へ同居する典型的パターン。


さらに同居の女の子は神様だった。


ケガレ等を通じ、ナギ様の破天荒ぶりに振り回される主人公の仁。


コメディーでいて、萌え要素も含む好感な作品。


8点。

まかでみ・WAっしょい!


今期の中では、お色気が多いと思う作品。


最初は普通の萌え系かと思いましたが

何だか 意外と
きわどいシーンがあります…

ダッチとか……


そんな事も含めて楽しめます。


7点。

黒執事


シエル 欲しい。

でも本命は
ドジっ娘メイドのメイリンです。


9点。

鉄のラインバレル


キャラデザ SEED等を担当した平井さん。


OP曲も アニソンで人気なアリプロ。


さらに私が好きなアニメーション制作GONZO。


人気声優の
能登さん、沢城さん、釘宮さんもでちゃう。


男性声優はスルーでいきます。

そんな 豪華な作品ですが…


鬱過ぎです。


何だか…主人公は勘違いしているんです。


こんな奴が一番、厄介ですね。


…でも 親友の死によって、主人公は変わる事が出来ました。


あの 痛い主人公が今後、どう変動するか……

それにしても 平井作品は何かと
シャワーシーンとか、気になる描写が多いですね。


7点。

-土曜日-


ロザリオとバンパイア CAPU2


今期の、お色気担当作品。

ストーリーとか
もう、いいです。


ストーリーとかなく、キャラだけで進行しても全然構いません。


無理矢理バトルにもっていかなくても高評価な作品。

9点。

-日曜日-

屍姫 赫


少しグロかったりします。

基本、ガンアクション。


ヒロインの武器に頼らない、必殺技とか見てみたいです。

今後を期待しています。

ヒャッコでもそうですが、主人公の兄役の藤原啓治さんが最高です。


8点。

喰霊 -零-(GA-REI -zero-)


未視聴。


でもキャラは好感。


?点。

今日の5の2


みなみけ同様に とても楽しい作品。


たまに
少しHなネタが あります。
マニアックなネタもあります;

ギャグ、萌え、キャラ、テンポ…

全て完璧です。

あえて言うなら

短編オムニバス作品なので

楽しく視聴していると、すぐに一話事の回が終わってしまい、もっと続きが見たくなる……


物足りない…
という贅沢な悩みを感じてしまいます。


そこまで楽しい作品です。


10点。

スキップ・ビート!


少女コミック原作。


実は、視聴をしています。

芸能界に入り最悪な男を見返す…


健気な話しです。


でも 主人公を見ていると 良い意味で健気に見えません。


頑張ってほしいものです。

7点。


以上が 私の視聴している今期アニメの期待値です。


期待しているのは


とある魔術の禁書目録(インデックス)

ワンナウツ

カオスヘッド

黒執事

ロザリオとバンパイア

今日の5の2

に、期待しています。


以上 桂さん派の意見でした〜

|

« かんなぎ 第四幕 「シスターーズ」 | トップページ | とある魔術の禁書目録 5話 「十二時 (リミット)」 について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/24970629

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 第4クール アニメの期待値:

« かんなぎ 第四幕 「シスターーズ」 | トップページ | とある魔術の禁書目録 5話 「十二時 (リミット)」 について »