トップページ | 一騎当千GG 3 話〜百合関さん »

2008年7月26日 (土)

ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜 3話

ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜

三話「英雄のおかえり」


今回は
前回の登場キャラ、妖精ことティファニアが、女王陛下アンリエッタの元に訪れる回でした。


物語よりも、キャラ達の交流が重視された回ですね。
ティファニアの正体や
才人のシュヴァリエ就任とかの話しでした。


前回の回で出会いや、再召喚、バトル…と、いろいろとありましたからね。


アバンシーンでは、前回の敵の発言を気にしてルイズは、ティファニア(以下ティファ)の事を虚無の担い手だと思います。

… が


ティファの胸を見て それを否定するルイズ。

ルイズさん、虚無の担い手に胸は関係無いですよW


なんか 三期はやたらと胸のコンプレックスを全面に押し出してますねルイズは。
まぁ才人がすぐに、浮気するからそうなったのでしょうけど。

ルイズさん。
それは、ステータスです。
(―ω―.)

アンリエッタの元についた才人達。
そこで ティファがハーフエルフだと判明しました。

耳が素敵ですよね
知的な感じがキャラとあっています。


あと アンリエッタと従姉妹関係らしいです…


ここにきて、なんて強引な設定;;


何故に そんなポジションにティファを置くのですかW


才人は刻印が出たこともあり、シュヴァリエへ。

すると 才人の付き添いメイドにシエスタが任命されました。

ご主人様…と才人を呼ぶ姿は、違和感ありません。
シエスタさんは メイドの神ですね。


そして ティファを置いて学院に戻る才人達。

みんなが 才人がシュヴァリエになった事を祝い、今回は終わりです。


テファの指輪の事を聞くシーンで、その時に二期の最終回の回想シーンがあって 戦いに挑む勇ましい才人を思い出しましたvV


すっかり 英雄の姿を忘れていましたよ、私は。

あ…

回想で、英雄を思い出すという意味で

「英雄のおかえり」がタイトルなのでしょうか?

… な訳ありませんねvV
(゚▽゚)/

以上 アニエス派の意見でした〜

|

トップページ | 一騎当千GG 3 話〜百合関さん »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076390/22553632

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜 3話:

トップページ | 一騎当千GG 3 話〜百合関さん »